ABOUT US
法人について

沿革

法人沿革 至誠学舎東京について

社会事業の創設と理念形成

1912(明治45) 稲永久一郎が神田岩本町において、二人の少年を引き取り訓育を始める。
1925(大正14) 少年保護事業団体「至誠学舎」設立。舎長、稲永久一郎。
1942(昭和17) 財団法人「至誠学舎」設立。稲永久一郎が初代理事長に就任。
1945(昭和20) 戦災により池袋本舎焼失、立川支舎を本舎として事業を継続。保谷町(現西東京市)に武蔵野支所を設置。
1948(昭和23) 少年教護法の改正により、40余年にわたる少年保護事業を終える。立川市へ新制中学校舎として無償提供。

新たな社会福祉関係法による事業の展開

1949(昭和24) 保谷町に「柳橋保育園」、立川市に「至誠保育園」を開設。
1952(昭和27) 社会福祉事業法の制定に伴ない財団法人を社会福祉法人に組織変更。
1955(昭和30) 保谷町に養老施設「尚和園」を開設。
1972(昭和47) 保谷市に「柳橋診療所」を開設。

開かれた施設、コミュニティケアへ

1974(昭和49) 法人と武蔵野市・小金井市・田無市・保谷市は、福祉施設を共同運営するための協定を締結する。
1975(昭和50) 保谷市に養護老人ホーム「尚和園」の一部を改築し、四市共同事業として、特別養護老人ホーム「緑寿園」の開設及びわが国初「武蔵野・小金井・田無・保谷地域ケアセンター」を開設。
1982(昭和57) 田無市より老人保健法「緑寿園訪問看護事業」を受託。
1985(昭和60) 保谷市の養護老人ホーム「尚和園」を廃止し、四市共同事業として、特別養護老人ホーム(認知症対応)「サンメール尚和」を開設。
1987(昭和62) 四市共同事業として、わが国初の痴呆性デイホーム事業「武蔵野・小金井・田無・保谷地域ケアセンター」及び「武蔵野・小金井・田無・保谷地域デイケアセンター」を受託。

福祉の新たな潮流

1990(平成2) 板橋区より特別養護老人ホーム「板橋区立特別養護老人ホームみどりの苑」及び老人デイサービスセンター「板橋区立みどりの苑高齢者在宅サービスセンター」事業を受託運営。
1991(平成3) 保谷市より高齢者在宅介護支援事業「緑寿園在宅介護支援センター及び高齢者ホームヘルプサービス」事業を受託。
1994(平成6) 東京都より養護老人ホーム「東京都吉祥寺老人ホーム」運営を受託。武蔵野市より特別養護老人ホーム「吉祥寺ナーシングホーム」及び老人デイサービスセンター「吉祥寺ナーシングホームデイサービスセンター」、老人介護支援センター「吉祥寺ナーシング在宅介護支援センター」運営を受託。
みどりの苑 板橋区より高齢者在宅介護支援事業「板橋区常盤台在宅介護支援事業」を受託
1995(平成7) 法人に評議員会を設置。
1997(平成9) 武蔵野市より「吉祥寺ナーシングホームホームヘルプサービス」事業を受託。

至誠学舎東京の新しい出発

1998(平成10) 法人を、武蔵野市、小金井市、田無市、保谷市、板橋区の事業地区を「至誠学舎東京」、立川市、日野市、国分寺市の事業地区を「至誠学舎立川」にニ分割。
1999(平成11) 保谷市より高齢者在宅介護支援事業「サンメール尚和在宅介護支援センター」事業を受託。

高齢者福祉の制度改革

2000(平成12) 介護保険法の施行により、介護保険法の適用事業所となる。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、短期入所生活介護(ショートステイ)、通所介護・認知症通所介護(老人デイサービス)、訪問介護(ホームヘルパー)、居宅介護支援事業所等の関連事業。
2004(平成16) 東京都より受託の「吉祥寺老人ホーム」を法人の設置経営施設とする。
2005(平成17) 武蔵野市より受託の「吉祥寺ナーシングホーム」を法人の設置経営施設とする。
2006(平成18) 特別養護老人ホーム「みどりの苑」板橋区指定管理者に選定される。
2009(平成21) 西東京市より受託の「しもほうや保育園」を法人の設置経営施設とする。
2009(平成21) 至誠学舎東京理事長 阿 亜紀良、叙勲「瑞宝双光章」受章。
2010(平成22) 吉祥寺ナーシングホーム、東京都と武蔵野市からの施設介護サポーター事業を開始。
2011(平成23) 至誠学舎東京法人本部に「至誠保健福祉人材センター(研修センター)」を開設。
2011(平成23) サンメール尚和から被災地(宮城県気仙沼)へ職員派遣。
2011(平成23) 緑寿園ケアセンター、第6回高齢者福祉研究大会「アクティブ福祉in“東京”」にて東京都福祉保健局長賞を受賞。
2017(平成29) 至誠学舎東京事業内保育所「柳橋わかくさ」開設。