NEWS
ニュース

新入職員インタビュー5(緑寿園)

今年入職したばかりの職員へのインタビューの第五弾です!

緑寿園 介護職 松本さん(H30.4入職)

武蔵野大学人間科学部社会福祉学科卒業

★ 新社会人から就活している学生さんへのメッセージ ★
まず自分が本当に何をやりたいのかを見つけることですね。決まらないからといって焦らなくて大丈夫だと思います。同時に、やりたいことを見つけたらすぐに行動を起こしたほうがいいと思います。やはり実際の現場に行くと色々なことを感じられると思います。見学もいいですが、もし時間に余裕があればボランティアに行くのもいいかもしれません。見学だけでは見られなかった雰囲気を感じられると思います。

至誠学舎東京に就職した決め手は何か。

学生時代、至誠学舎東京でアルバイトしていた友達に紹介されたことがきっかけですね。施設見学を行い、ボランティアを行ううちに、至誠学舎東京の、保育から介護という世代を超えたつながりという理念に魅力を感じて決めました。

この仕事を選択した理由は。

ご高齢の方が好きであること、そしてこの仕事が必要であることの2つでしょうか。学生時代接客業のアルバイトをしていて、人と関わる仕事をしよう、と決めていました。どんな仕事がしたいか考えたときに上述の2つの理由が思い浮かびこの仕事を選択しました。

この仕事についてよかったことは。

ご利用者の生活に深く関わってサポートすることがこの仕事ですので、やはり喜びや楽しみ、悲しみといった色々な思いに寄り添えることですね。プラスの感情でもマイナスの感情でも、普段の様子からは伺えなかった思いを話してもらえた時は、本当にこの仕事でよかったと思います。

働きやすい環境ですか。

先輩職員が丁寧に仕事を教えてくれますし、1ヶ月ほど前までに希望を出せば、ほとんど自分の望みどおりに休めるのでとても働きやすいと思います。

もう少し詳しく知りたい方は↓こちら
≪ Work ≫ 仕事面について

≪ Life ≫プライベートについて

≪ Work ≫

先輩職員とどうやってうまく仕事をしていますか。

まず仕事を一生懸命覚えることですね。仕事を覚えておらず余裕が無いときにはうまく仕事を・・・とは考えられなかったです。仕事に慣れていけば、皆さん優しい方ですので自然とやっていけています。

社会人になって変化したことは。

やはり、自分の行いが自分だけではなく働いている施設全体に影響を及ぼしてしまう、という責任の重さでしょうか。あとは、収入の関係でやれることが増えたな・・・とは思います(笑)

≪ Life ≫

仕事とプライベートの切り分けはどのようにしていますか。

仕事着を脱いで施設を出れば切り替えられているので、あまり方法を考えたことはありませんが、しいて言うなら何か切り替えるためのスイッチを見つけることですね。自分は仕事終わりに買い物をすることが多いので、例えばそれがスイッチかもしれませんね。

夜勤のある仕事の体調管理はどのようにしていますか。

とにかくたっぷり寝ることです(笑)前日もそうですが、夜勤明けの日もですね。休めるときに休まないと、気づかないうちに疲れが溜まってしまうことは必ずありますから。あとは、自分の場合とにかくよく食べて英気を養っています(笑)

休日の過ごし方・リフレッシュ方法は。

休日は、疲れを癒やすために1日家で体を休めることが多いです。友人に食事など誘われた時は、仕事のある日に行くようにして、休日にはあまり予定を入れないようにします。録画を見たり、友達とゲームをしたり・・・今の時期では温泉に行って身も心もリフレッシュすることもありますね。

マイブームは。

仕事終わりにジムに行ったり、自宅で筋トレをしたりすることでしょうか。最初は仕事終わりにきついな・・・と感じていましたが、慣れてくればむしろストレス発散ですね(笑)あとは、一人でお酒を飲みながら録画した番組を見ることです。誰かと飲むのも楽しいですが、これは多分やめられないですね(笑)

インタビュー実施時期:平成30年12月