NEWS
ニュース

新入職員研修中です

平成31年度の新入職員研修が、3月4日(月)から始まりました。

午前は「オリエンテーション」の後、阿理事長、三上常務理事のお話しがありました。

午後は、Harmonie代表の中村真理先生による研修です。

中村先生の研修は、「至誠学舎東京の職員としての自覚」、「接遇」をテーマにした内容です。「挨拶や返事」、「表情」、「言葉遣い」等について、グループワークをしながら学びました。3月29日にも、中村先生の「まとめ」の研修が予定されています。

吉祥寺ホームを会場にした研修では、「個人情報保護・リスクマネジメント」(北川事務局長)、「福祉施設の感染対策」(大久保ホーム長)、「就業規則・人事制度」(花角室長)の研修がありました。

研修プログラムの最終時間には、杏林大学の松井知子先生による「メンタルヘルス」研修がありました。

「ストレスと自律神経の関係」や「ストレスと上手に付き合う」方法について学んだ後、「リラクセーション動作法」を学びます。実際に体を動かして緊張をほぐします。今回は「アンガ-マネジメント」についてのお話しもありました。

研修期間中に、「堅い話ぬき」の交流会が開かれました。新入職員の皆さんを各施設長の皆さんが歓迎するセレモニーです。親子ほどの年齢差を乗り越えて、あちらこちらで、楽しい話の花が咲きました。懇談する中で、互いの共通の趣味などが見つかり、話は大いに盛り上がります。

元気な新入職員の皆さんとの交流会は、研修センターにとって、一年間で一番、活気あふれる賑やかな日です。多忙な日々を送る施設長の皆さんも、若いエネルギーの刺激を受けて意気高揚し、輝いて見えます。新入職員の皆さんの前途を祝し、また法人の将来へのさらなる発展を祈ります。