NEWS
ニュース

ファシリテーション研修を行いました

3月25日(月)に「ファシリテーション研修~カウンセリングマインドを活かして~」が開催されました。法人研修としては、「ファシリテーション」をテーマとする初めての企画です。講師は中川智子先生(MIRAI職場特任講師、シニア産業カウンセラー)です。

ファシリテーションとは、「あらゆる知的創造的活動を支援し促進していく」ことで、今回の研修は、「会議やミーティングで、メンバーの主体的な参加を促し、相互理解を深めつつ、話し合いの成果についての納得性や合意の質を高める会議運営スキルの向上」を目的としています。

中川先生から「ファシリテーターの基本姿勢」、「基本的役割」、「観察、応答、介入といったスキル」についての、とても分かりやすい講義がありました。

講義の後は、あらかじめ設定されたテーマについての「グループワーク」に入りました。

みどりの苑では、Web会議システムを使った受講となりました。映像と音声を使って、2つの会場の様子を相互に確かめ合いながら、研修が進められました。 WEB会議の活用法を工夫すれば、研修スタイル(形式)をもっと増やせるかもしれません。

中川先生より、「2つのプロセス」についてのコメントがありました。段取り、進行といった活動目的を達成するための「外面的プロセス」と思考プロセス感情の動き、メンバー同士の関係性といった「内面的プロセス」、この2つのプロセスにファシリテーションは関わります。「カウンセリングマインド」がポイントです。

 

グループワークをすることで、ファシリテーターの役割が話し合いの「質」を大きく左右することが実感されました。ファシリテーション・スキルを身につけることで、人と人をつなぎ、チームの力を引出し、さらに個人の成長も期待できます。