NEWS
ニュース

高齢者虐待防止研修を行いました

8月21日(水)、「高齢者虐待防止研修」が開催されました。

近年、高齢者虐待防止の取り組みが強化されています。私たちの法人では、「必須研修」として位置づけられて、各施設でも個別に研修を実施しています。

研修講師は武蔵野大学の渡邉浩文先生です。昨年度は「認知症ケア研修」でお世話になりました。

講義は「高齢者虐待のとらえ方」、「高齢者虐待の定義」、「虐待の発生する要因」、「虐待を防止する方法」と続きます。キーワードは「虐待の芽」、「不適切なケア」、「意図しない虐待」等です。

「虐待の芽」、「不適切なケア」について、職員同士がオープンに話し合える職場環境づくりが虐待防止の基本です。職員間のコミュニケーションがうまくいかないことは、虐待を生み出す大きな要因です。

受講者同士が、介護現場の様々な思いを語り合いました。「あれは不適切なケアかな?」、「虐待の芽かな?」と互いに意見を出し合いました。

私たちのすべきことは、単に「虐待を防ぐ」というのではなく、「良いケアを提供する」ということでした。また「人手不足(もっと人がいればなぁ)」という視点に立つ場合には、さらに「職員間の連絡・連携・共同の不足はないか」、「仕事の創意工夫の不足はないか」と考えていく必要に気づきました。