NEWS
ニュース

ハラスメント防止研修を行いました

令和2年3月11日(水)に「ハラスメント防止研修」が開催されました。講師は社会保険労務士の松本陽子先生です。

はじめに、「ハラスメント」についての理解を深めます。「パワーハラスメント」、「セクシャラハラスメント」、「マタニティハラスメント」、「パタニティハラスメント」、「LGBTハラスメント」の整理をしました。

ハラスメントの「行為者の責任」や「組織の責任」については、民事上、刑事上の責任が問われる場合があります。いくつかの裁判例から考えます。

ハラスメントを無くすために、事例をもとにして話し合いをしました。実際には、明らかにハラスメントと認められるものだけではなく、ハラスメントの判断が難しい場合もあることが確認できました。

ハラスメントを防止することが基本ですが、ハラスメントが起きた時の対応についても考える必要があります。職員一人一人の意識を変えるだけではなく、職場のあり方も見直していく必要があります。

ハラスメント防止の基本は、「働きやすい職場づくり」です。職場の人間関係をよくし、「働く人を大切にする」ノウハウを深く考える研修になりました。
研修の終盤では、新しいトピックとして、「LGBT」について詳しく取り上げていただきました。